美肌 美パーツ 血色は欠かせない

ヘアメイク、レタッチがもたらす有利性

データが語る
 ビッグデータだけに優劣が拡大している

自分への投資

データが語る宣材仕上げの有利性は確認済です。美しさは清潔さ、新鮮さに繋がるのでやらない方が良い人はいません。

「プロヘアメイク+宣材仕上げ」をするでリードすることが出来ます。やらないことはスタート時点で劣勢に立つのと同じです。

 将来を決める投資を理解しリターンをしっかり得る
印象が強くなる
見た目が重要なことを落とし込む
 男女共に有効

キャリアメッセージ
  • カメラマン
    ヘアメイクをすれば満点と思っていたがすでに過去の話になってきています。「レタッチ(宣材仕上げ)無しも良いのでは」と思っていたがデータはそう言っていません。プロメイクは絶対であり、更にレタッチは強い味方になるとの確認が取れました。カメラマンなら誰でもレタッチを上手に出来るわけでのですが、私の行うレタッチは有効なことが審査員により証明されています。
  • メイクアッパー(メイクアーティスト)
    プロメイクとは本来、顔の輪郭に合わせて立体感とシャーディングを行うことであり、美肌にするのはあたりまえ。個々の顔で異なるのがポイントメイクであり繊細なテクニックが必要。

まとめ

ヘア、メイク、レタッチを定番として考え差別化を実施しましょう。これは当スタジオで撮影するユーザーのみではなく日本全国にいる応募者(ライバル)に対して確実にリードできることなのです。

閉じる

メニュー

劇団四季 オーディション

to top