芸能人になる時必要な宣材写真・オーディション写真撮影

求められるニーズを考えて撮られた宣材写真・オーディション写真が必要となります

宣材写真・オーディション写真
芸能人と「ひとくくり」にしていますが、もう少し細かくいえば、俳優、声優、タレント、お笑い、ダンサー、歌舞伎、宝塚、歌手・・など「芸の道」で生活をしている方、又はしようと思っている方を指しています。

芸の道に入るときは、オーディションを受けるのが一般的ですが、スカウト、紹介、成り行きなどで芸能界に入る方もあります。最初に示した「オーディション」を受ける場合に『オーディション写真(又は宣材写真)』が必要になるのです。

何かのイベントやプロダクションの募集に対して「自己PR」するのですが、そこに自身の顔写真、全身写真を送る事となります。その写真こそがオーディション写真(宣材写真)と言いますが、良く撮れていないとダメなんです。

なぜなら一般公募のオーディションでは応募者が結構な数、いらっしゃいますので自ずと競争率は高くなります。その中かな「選ばれる」ためには他の方より、何かしら優れていることが必要となります。

それは経歴でも構いませんが、手っ取り早いのは容姿を魅了的に表現して、写真に収めることです。可愛いとか、カッコイイも良いと思いますが、企画に合っていることが大切です。たとえば劇団四季では役柄を決めて募集をかける場合があります。その際、オーディション写真は「美人に撮る」では駄目なのです。・・ここでポイントとなるのは美しさではなく「役柄」に合っているかです。

そのことをしっかりと考えた上でオーディション写真を撮ることが大切です。そのため、誰に撮って貰うかが重要となります。この道に精通しているカメラマンが居なければ『合格の条件としてどう撮ればいいか』を理解することはできません。
俳優、声優、ダンサーや劇団四季等ニーズに合わせて宣材写真・オーディション写真が撮れるフォトスタジオが必要です。