結婚写真 カメラマンに依頼するコツ

結婚写真の予備知識・カメラマンの事を知ろう

ひとことでカメラマンといっても色んなタイプの人がいます。

結婚写真の場合もホテルの結婚式場専属で撮影しているカメラマンと、色んな仕事で撮影をしていて「その中の一つ」が結婚写真であるカメラマンがいます。

前者が専属、後者が外注となります。

ホテルカメラマン

毎日同じ式場、披露宴会場で撮影を繰り返しますから、専属の強みとして「自社式場での撮り方」は知り尽くしています。
ホテルで働くカメラマンの場合は従業員と同じ扱いですから、ホテルポリシーに合った教育プログラムに沿い、撮り方、アングル、礼儀作法などの指導を受けています。

また先輩に教えられた「イイ感じに撮れる」撮影ポイントなども知っています。
ただ、それはいつも働いているホテルだからで、外部での結婚写真撮影があってもいつもの様に撮るのは難しいでしょう。

外注カメラマン

様々な仕事をしており、その仕事の内容により大体「3通り」に分けられます。
  1. 普段は写真店(写真屋さん)で働いている写真屋さん
  2. 写真スタジオのオーナーで出張撮影もする
  3. フリーのカメラマン

たとえば写真店で働いている人は通常オーナー兼カメラマンとなります。店頭の仕事がありいつも撮影するわけではないので、写真の仕上がりを期待しすぎない方がいいでしょう。

写真スタジオのオーナー

何人かのスタッフとチームを組み活動することが多いです。様々な撮影をしており、広告の仕事をしている人も沢山います。

撮影経験は多く、様々なシチュエーションをこなすフォトグラファーです。
但し結婚写真のことを知らない人は上手くは撮れません。

フリーのカメラマン

若い人が中心で将来の自分の方向性を見極めながら、一つの仕事として結婚写真を撮影します。

以上のように外注でカメラマンに依頼する場合は「よく考えて」頼まないと後悔することになりかねません。

そこで安心して依頼するための指標を作ってみました。

こんな人なら頼みたい結婚写真撮影


  1. ホームページで作品を公開している
  2. 20件程度は撮影したことがある
  3. メールや電話の連絡がすぐ取れる
  4. メールや電話の対応が親切
  5. 事務所を持っている又は所属している(信頼の証し)
  6. プランの見積もりを書面で出してもらえる
  7. 納品のことが決まっている
  8. 誠意がある
  9. 急なアクシデントでも対応できる

如何でしょう、大切な結婚式です。一つでも多く安心材料を増やしましょう。

沢山の作品を公開 結婚写真 写真だけの結婚式